脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】完飲/まくり常連の証・町田商店ゴールドカードを取得した【資格マニアの試験勉強法】

いや、これはもはや資格じゃないだろって感じなんだが、せっかくなのでw

君は「完まく」「カンマク」というパワーワードをご存じだろうか?

 

完全まくり。そう、家系ラーメンにてあの明らかに高カロリーなラーメンをひたすら食らい、スープまで綺麗に飲み干し、完飲することである。

 

そんな暴挙を、横浜家は町田商店系列でただ黙々と繰り返す。それを最低10回。完まくスタンプカードは一杯になり、ラーメンは一杯無料になる。

この時点で常連と認められ、ゴールドカードが発行されれば運がいい。良心的な店である。

 

しかし場所によっては、さらにスタンプカード満タンを2~3回繰り返さなければならないらしい。んなもん、もはや単なる修行である。

 

数多の倒れ行く戦友たちを振り切り勝ち抜いた、そんな猛者にこそ相応しい輝かしいゴールドカードがこれだ。

f:id:yotsumao:20171113231731j:plain

うん、見るからにアメックスのクレカを意識した券面デザイン。有効期限は無期限。

ちなみに町田商店以外の系列で貰ったとしても、ロゴはMACHIDA SHOTENらしい。

 

裏面にはサービス内容が。

f:id:yotsumao:20171113230239j:plain

無期限で、味玉・ほうれん草・ライス・麺大盛・うずら・チャーシュー1枚、を無料でサービスしてもらえる。

さらにこのカードの所持者本人以外の連れ全員にも有効なサービスという太っ腹っぷり。

 

もう生活習慣病にまっしぐらになってくれカードである。しかしこれはある意味、家系ラーメンファンにとっては一種のステータスカードであることは間違いない。

 

てことで、ここまでくるの、あー、大変だったわ(棒

まぁこれをゲットするためだけに通うってのはやめた方がいいね、うん。やっぱりラーメン自体が好きな人じゃないとまず無理だと思うわw

 

いや、そもそもあれを完飲するということを、ラーメンを食べる行為の内包することとしてカテゴライズしていいんだろうか。もはや哲学のレベル。

 

というわけで、もしも興味ある方いたら是非チャレンジしてみてくださいなw

ただし、無理は禁物。健康第一。

 

◎まとめ
【勉強期間】覚悟次第ですぐに。
【教材】フードファイター精神。
【受験料】飲食代
【合格基準】最低でも完まくスタンプ10回