脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】マイクロソフトオフィススペシャリストを取得した【資格マニアの試験勉強法】


美容師を離れた当時、美容師免許の次は自動車免許取ったくらいで、他に資格なんて取ろうとも思ってなかったのですが、さすがに職が無いわけです。

 

結局専門卒の美容師が何が出来るのか?他人に証明できないんですよね。そこで、昔から好きだったパソコンをちゃんといじってみようと。

 

元々不得意ではなかったですけど、文章書いたり絵を描いたりくらいで、しっかり基本から学んだことはありませんでした。

 

そこでMOSという資格を耳にしたわけです。もはや超有名資格ですね。決して実践向きとは言えないし、簡単な資格です。某有名緑の本で模擬試験を2周すれば、初心者の方以外は普通に受かるはずです。

 

私が持っているのは2003verですが、WordとExcelに関してはスペシャリストレベルとエキスパートレベルで資格が分かれています。

 

某MSさん的には2つのレベルを取って初めてそのアプリケーションを習得と考えているらしく、レベル間で出題分野が一切かぶっていないんですよね。実に上手いやり方です。

 

まんまとその目論みに乗せられてしまった当時の私はOutlook以外は全て取りました。6科目×1万ですからね、今思うとすごい出費だったな。。おかげでマスターという称号はいただきましたが。

 

これを取って何が変わったかと言えば、細かい機能は知らなくても機能のアタリを付けることが出来るようになったこと。

 

文書をこうしたい→どこでそれが出来るの?ってことがなくなり、文書をこうしたい→ちゃんと知らないけどここなら出来るかも、みたいな。

 

あとは右クリックマンセーになりました。だから現行の2007/2010はどうもあのリボンとかタブが好きになれないんですよね。普通に使うことは出来るんですが、やっぱり2003でいいやってなってしまう。

 

いつの間にか2007が主流ですけどね。多分プレゼンとかでは新しいテンプレを使える方がいいってことでパワポの2007導入需要が大きいんじゃないかな。

 

資格の名称のほうはMCASに変わったと思ったらまたMOSに戻ったり。遥か昔はMOUSでしたね。某MSさん的にはきっとMCASをMCP・MCA体系の一つとして捉えようとしてたのかもしれないですけど、それに振り回された受験者さんお気の毒です。。

 

もはや2003のマスターと言っても有意性が無くなってきましたけど、当時資格を取りたい!って思って初めて取ったという点では記念すべき資格です。

 

◎まとめ

【勉強期間】一科目1週間もあれば。

【教材】FOMさんの模擬問題CDをまわしましょう。

【受験料】1万円から1万2千円

【合格基準】試験による。おおむね7割以上。

広告を非表示にする