脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】初級システムアドミニストレータを取得した【資格マニアの試験勉強法】


MOS 2003 Masterになってやや調子に乗ってしまった当時の私は無謀にも初級システムアドミニストレータを受験することに。

 

※私が受けたときにはまだアイパスにはなっていませんでした。

 

いや、勉強する前から多少の知識はあったんですよ。あとは単にそんな資格があると耳にしたからという単純な理由。でも今考えるとあまりにも無茶すぎますけど。

 

いつの頃からか、計画立てて勉強しようとしても最終的に短期集中型になってしまう傾向があり、当時も試験一日前に思い出したように一夜漬けをはじめまして。

 

結果受かったは受かったんですけどね。言うのも恥ずかしいくらいの点数で。。ほぼ答えを予想して運に任せて答えていましたからね、受かったほうが不思議でした。

 

もう試験自体はITパスポートに変わってしまいましたけど、難易度的には若干やさしくなっているのでしたっけ。初級シスアドとか上級シスアドって響きが好きだったのに、残念です。当時は正答率が低い問題ほど配点が高くなるっていうIPAマジックも有名でしたね。

 

実際の問題は見たことありませんが、普段からリテラシのある方なら一夜漬けでも十分いけるでしょうね。私なんかでもいけたんですから。当時使った参考書はなんだったかな、確か某猫本一冊だったと思います。

 

何やらCBT化するとかいう計画がありますが、正直微妙ですね。個人的にはCBTという試験スタイル自体は大好きなんですけど、仮にも国家資格が今以上に難易度低下が起こりそうで。

 

もはやただのエントリー資格と化してしまうのでしょうか。旧シスアドの威厳はどこに。。CBTにするくらいなら年4回とか開催回数を増やすとかの方が需要がありそうですけどね。

 

◎まとめ

【勉強期間】1日でも。自身のリテラシ次第。

【教材】猫本さんでよいと思う。

【受験料】5000円くらい

【合格基準】6割。後継はITパス。

広告を非表示にする