脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】Webクリエイター&Flashクリエイターを取得した【資格マニアの試験勉強法】

サーティファイ。あまり聞きなれない試験機関かもしれませんが、それなりに歴史あるところです。

 

昔は違う団体名だったのですけど、某団体名に酷似しているってことで、若干問題になっていつのまにか改称していたようです。

 

色々な種類の資格試験を実施していますが、パソコン検定を瞬殺した当時の私はWebクリエイターとFlashクリエイターを受けることに。

 

初級と上級に分かれていますが、私は上級から受けました。どちらも勉強期間は2週間くらい。某FOMさんから対策本が出てます。試験自体は随時なんですが、申し込んでから3週間位しないと受験できません。

 

なぜかというと、受験場所に課題等が入ったUSBメモリとかが送付されてくるのが時間がかかるそうで。自身が作成する課題もそのUSBメモリに保存して返送後判定という形式の試験です。なので、発表までも大体1ヶ月かかります。

 

前者は課題にそって正しいタグを打ち込んだり、HPを一つ仕上げます。DreamWeaver等のソフトを使ってもいいんですが、ソフトを使用する場合、試験時間を短くしなくてはいけません。

 

ソフトに慣れていない方にとってはかなりタイトな時間で課題を仕上げることになるので、出来ればワンランク上を見越して、テキストエディタのみを使っての手打ちで望まれることをオススメします。

 

私の場合は元々がWebコーダーをかじっていたので、それほど対策には時間がかかりませんでした。

 

問題は後者のFlashクリエイター。正直あまりフラッシュが好きじゃない私は、まずソフトの使い方からでした。だってフラッシュ使ってるサイトってサクサク感が無いじゃないですか。

 

ですが、これらの試験自体は高度なレベルまで求められておらず、初挑戦の方でもソフトの使い方さえマスターすれば何ら問題なく合格できるはずです。

 

HTML5が発表されてFlashの価値が下がってしまいましたけどね。どちらの資格もソフトを使いこなせる、という一つの指針になるはずです。やっぱり知名度がやや低いのが難点ですけども。

 

もしソフト自体を使えることの証明をしたいなら、Adobe認定資格のほうがいいかもしれませんね。

 

◎まとめ

【勉強期間】ソフトが使いこなせるなら1週間もあれば。

【教材】FOMさんの問題集を回しましょう。Flashは公式対策問題集が。

【受験料】6000円くらい

【合格基準】6割。総合課題よりは単発課題のケアレスに気をつけて。