脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】日商検定シリーズを取得した【資格マニアの試験勉強法】


クリエイター資格を秒殺した私は、当時あまり達成感がありませんでした。変に受験から発表まで間があったためですね。ああいったジャンルの資格こそCBTでやればいいのに。。というぶつけようの無い不満が邪魔していたんでしょう。

 

そこで今度はCBT試験を受けまくってみようと思い、受験料も安めな日商の資格をターゲットにしました。

 

先のPC検定以外で受けたいものとなると、電子メール活用能力、EC実践能力、ビジネス英語、ビジネスキーボードといった感じだったので、とりあえず全てを一ヶ月以内で取るべく勉強開始。

 

結果を言うと、電子メールとEC実践は1時間の勉強でいけました。。私の場合、一応試験当日に本屋でテキストをパラ読みしておきましたが、元々リテラシのある方でしたら無勉強でいけるでしょう。

 

ITを使ってビジネスをする上ではもはや必須の持っておかなければいけない知識が出題されています。

 

EC実践はやや趣向が異なり、ネットショップを利用する、運営する上での知識です。この資格は3級から受験しなければいけません。2級以上は別途講習が必要という段違いの鬼仕様。

 

この調子でちゃっちゃと~ということで次はビジネス英語検定2級。これが悪夢でした。。いや、英語は書けと言われれば書きますし、しゃべれと言われればしゃべれるんですよ。

 

でもこの資格は別格でした。英検やTOEICと違い、本当にビジネス向け。しかも貿易実務に重きが置かれています。もちろんCBTなのでリスニングやスピーキングはありませんが、キーボードでの単語打ち込みが何問かあります。

 

そんな単語知らんよ。。という感じの普段使わない文章が出ます。貿易に携わってインボイス業務を行いたい方にはかなり勉強になるでしょうね。インボイス作ったことはありましたが、この試験はテキスト必須です。テキストの英文がそのまま出題されることもあります。

 

この資格のせいでかなり失速して1ヶ月費やしてしまったのですが、かなり英語力は上がった気がします。二度と受けたくない試験TOP5ですが。。

 

そして最後にビジネスキーボード。キータッチ2000ていうエントリー資格がありますが、私は最初からビジネスキーボードに。この資格は合格不合格ではなく、最終的にタイプ文字数とランクで判定されます。和文・英文・記号数字のそれぞれに分かれており、最高ランクはS。

 

元々タイプは早めで結構自信があったんですが、結果は和文A・英文B・数字B。。中途半端ですね。せめて和文はSに行きたかった。英文だと200字/分ちょっとって感じ。普通のタイピング資格と違うところは、タイプするセンテンスごとに判断されること。

 

入力センテンス中の1文字でも課題センテンスと違っていたらそのセンテンスは0点。つまり、どんなにミスタイプしても、時間内に全て修正できていればSランク。和文はSとれたと思ったんですけどね、CBTの宿命である初めて触る環境(キーボード)に苦戦しました。

 

タイピングはひたすらフリーソフト等で練習してもいいですが、特殊な評価方式なので、ビジネスキーボード用の対策ソフトをおすすめします。

 

なんだかんだで一応全取得はしましたが、今思うとちょっと無茶しましたね。

 

◎まとめ

【勉強期間】個々のリテラシ次第

【教材】試験にあわせて公式なり別途なり。

【受験料】2500~6000円前後

【合格基準】7割。

 

※ビジネス英語は個々の英語力次第。公式テキスト単語対策必須。

※EC実践とメール活用は受験料安め。一応テキスト読んでおきましょう。

※ビジネスキーボードは個人の才能次第。ベクターに対策ソフトあったはず。

広告を非表示にする