脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】ドットコムマスター シングルスターを取得した【資格マニアの試験勉強法】


漢字の読み書きで久々に学生時代以来のストレスを感じた当時の私は、サクっとうかると評判な.com MasterシングルスターのCBTを申し込み。

 

この資格、内容自体はものすごくいいんですよ。ダブル以上はいち早くIPv6にも対応しましたしね。ただしNTTアンチのせいなのか、知名度のわりにあまり評価がよくないのが残念です。まあぶっちゃけ、今じゃNTTの社員さんの社内研修等の御用達資格みたいになっちゃってる側面も。

 

まず、余程の初心者でない限り、ダブル以上を目指しましょう。お前はシングルじゃん?って説得力ないですかね。。でも実際力はつきますよ。

 

私の場合、当時は多くの試験の連続で疲れていた&これからもそれが続きそう→心のオアシスを……ってことでシングルにしました。

 

こんなこと言ってますが、シングルも舐めちゃいけないです。伊達に2部制の試験時間を取っているわけじゃないのですし、全体での点数はもちろん、各分野ごとの点数も一定ラインを超えていることが要求されます。そのため、初心者のかたは公式テキストから行ったほうがいいでしょう。

 

すでに経験者の方は、某翔泳社さんの模擬CDをひたすらに。これだけで受かります。当然前提知識は必要ですけれども、毎年定期試験の問題がCBTに流れてくるので、CBT受験のほうが過去問対策さえしていれば簡単です。

 

メイトとかベーシックっていうさらにエントリー資格があるんですけど、それはさすがに簡単すぎるのでムダかと。一応シングルを取ると、CAVAっていう在宅?下請け?の業務委託の条件の一つをクリアできるようです。

 

ベンダ試験のわりには受験料は安め。さすがニュートラル。

 

ただし、ネットワークの知識を人に評価されたいって目的だと、正直他のNW資格のほうがいいかもしれないですね。

 

◎まとめ

【勉強期間】経験者は1週間もあれば

【教材】過去問&模擬問題集をひたすらに。

【受験料】8000円くらい

【合格基準】おおむね各分野ごと6割。全体で7割。

広告を非表示にする