脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】ITILファンデーションを取得した【資格マニアの試験勉強法】


実際の資格は知らなくても、耳にしたり目にしたことはあるのではないのでしょうか。

 

私も実は当時受験直前まで詳しく知らなかったものです。タイミング的にはMCAとMCPの間に受けたような感じですね。

 

ITILとはITサービスマネジメントのベストプラクティスを……って説明臭い文になりますが、要するにどうしたらIT業務でのマネジメントサイクルが上手くいくかっていう概念やルール等の知識の集大成です。

 

当然人が作るものなので試行錯誤があり、V2で人気が出たものが、現在はV3にバージョンアップしています。

 

ただ、一時期のもてはやされ方からすると、今は若干落ち着いた印象。元々英国生まれのノウハウなので、アメリカンマンセーな日本には、まだまだあまり受け入れがたいものがあるのかもしれません。

 

ちなみに私が取ったのはITILファンデーションV2。私が受験する時にはすでにV3試験が始まっていたのですが、V3と比べて段違いに難易度が高いということと、若干あるV2の知識がムダになりそうな気がしてV2を申し込みました。

 

なのでV3の話になると、私には黄本で頑張れと言えるくらいです。決してV2の概念全てが否定されているわけではなく、欠点を補完して、より掘り下げたって感じです。

 

全くの初心者の方は、うーん、実際のIT業務を経験しないとなかなか頭に入りづらい内容かもしれないです。ただし、このITILの内容はIPA資格をはじめ、様々な資格や場面で出てくるので、身につけておいて損はないでしょう。

 

私はV2試験終了間際に駆け込み受験したようなものですからね、いずれV3も受けなきゃいけないなーと思ったりしています。

 

それにしても、なぜか登山風景が背景になってるしゃれおつな認定証は、いったいどんなコンセプトなんだろうねw

 

◎まとめ

【勉強期間】V3になると最低3週間くらい?

【教材】黄本とか他関連書籍

【受験料】二万円くらい

【合格基準】おおむね7割

広告を非表示にする