脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】アップル認定サポートプロフェッショナルを取得した【資格マニアの試験勉強法】


MCPの勉強・受験と並行していたのがACSPというMacのテクニカルサポート資格。いわゆるMCDSTのMac版ですね。アップル認定資格はこれ以外にも何個かあります。

 

その昔、といっても10.4のTigerの頃あたりは、ACHDSといってヘルプデスクスペシャリストという名称だったのですが、10.5のLeopardになってサポートプロフェッショナルに一新。

 

元々はMacユーザでMacのほうが好きだったんですよ。ただ、なんていうんでしょう、これぞディファクトスタンダードってやつですかね。。CUIマンセーの某ゲイツがWinを出してきた時は、パクられたって思いましたけど。

 

なので、決してMacに関して無知じゃなかったんですが、10.5は従来のOSXと違う箇所も色々ありまして。多々勉強になりました。資格が一新されたのもうなずけます。

 

WinだけよりはMacLinuxもっていう方がいいに決まってますが、それぞれ得意分野が違いますしね。Winユーザが一からMacを覚えるのはそれなりに時間がかかります。

 

出題内容自体は、それほど難しくないです。当たり前のMac知識とトラブルシュートが出来れば大丈夫なレベル。ちなみに他の舶来資格と違って和訳も丁寧。ただし受験料がかなり高いのがきついですね。

 

受ける人が少ないから受験料も高くしなきゃいけないのかもですが、公式テキストも異常な高価格とはどういうことなんでしょう。Appleさん、もう少し頑張ってください。

 

あ、試験会場の場所は気をつけてくださいね。私はアップルの研修センターで受験しましたが、試験ルームがわからなくて、会社のかたが絶賛会議中の部屋に迷い込んで大恥かきました。だって受付のおねえさんがあっちだって言うから……

 

10.6のSnow Leopard版も公開されてますが、さすがにMacからは離れすぎてしまっているので、しばらくはいいかな。

 

◎まとめ

【勉強期間】1~2週間くらいかな

【教材】公式一択。ただし高値。

【受験料】二万円ちょっと

【合格基準】おおむね8割

広告を非表示にする