脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】実用マナー検定を取得した【資格マニアの試験勉強法】


前座のサーティファイ版FEが終わってまたもや一息つくべく、いままでとはちょっと違うジャンルの資格。

 

実用マナー検定。マナーに関する資格は他団体もあるんですが、公式サイトの模擬問題を見た限り、ビジネスに即しているように感じたので、こちらにしました。

 

すると無料のWEB受験、準3級発見。これは受けるしかない。ま、結果から言うと準3級は広告資格ですよ。何度でも挑戦できますしね。

 

しかも合格しても、別途手数料を払って申請しないと、認定証がもらえません。その代わり、認定を受ければ、上位級のテキストがもらえたりとか特典があるようですが。

 

正直準3級だけでもいいかな~と思っていたのですが、時は流れ、FEが落ち着いた頃。

 

やっぱり仮にも成人している人間がマナーで準3級は恥ずかしいと思い。3級受験。

 

この資格は下位級から受験しなければいけないタイプ。ただし、在宅受験も選べるので、自身の自由なタイミングで受験できます。合格ラインは若干難化しますけど。

 

内容的には、確かにビジネス向け。社会人としては最低限身に付けておきたいものばかりです。受ける前には余裕かなと思っていたんですが、迷わせる問題もあり、なかなか歯ごたえのある試験でした。

 

情報処理のように正解が決まりきっているものではないので、結果発表までの1ヶ月はなかなか緊張しましたね。

 

この資格を持っているからといってマナーのある大人か、というとまた別の話ですが、知っている知らないの差は大きいですからね。興味があれば上位級狙いもいいと思います。

 

ちなみに私の場合、準3級・3級で資格は別物と考えています。本来は上位互換で一つとカウントするんでしょうけど。ちょっとそれぞれが性格の違う試験で、分野も若干異なるので。ま、いいじゃないっすかそのくらい。

 

◎まとめ

【勉強期間】個々の常識力次第

【教材】公式よりは別途市販本かな

【受験料】5千円くらい

【合格基準】8~8.5割

広告を非表示にする