脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】日商簿記を取得した【資格マニアの試験勉強法】

01資格-02公的資格 01資格

さりげなく狙っていた日商簿記検定3級受験。資格の中でもかなりの知名度を誇ります。

 

しかも公的資格ですしね。簿記は他にも別団体で実施していますが、取るならやっぱり日商を推奨。万が一知らない人はぐぐれ。

 

3級は経理関連の人以外でも自営業の人や普通の社会人の人も知っておきたい内容。資本主義の中心でお金の流れをさけぶことは必須です。

 

入門資格ではありますし、学生さんが受けたりもするのですが、知識という名のテクニックがないと全く太刀打ちできない資格。私自身過去に一度挫折して受験を断念しました。

 

特に3級はパズルだと言われています。仕訳を制するものは受験を制す。工業簿記とは一線を隔しており、その特異な問題形式から近年は2級より合格率が低いという状況に。

 

さすがに誰もがいいかげん易化すると読んでいたわけですが。。結果、見事余裕で満点合格でしたー。でも意外に合格率は伸びていない様子。ふしぎ!

 

受けたときは精算表部分で若干ミスったかなと思ったんですが、採点部分ではなかったようで。

 

何やら私の受験したところだと、成績表を有料で出してくれるようで、満点記念で申し込みました。ま、成績表といっても、単に分野ごとの点数と合計点がプリントアウトされた簡単なペラ紙一枚なんですが。署名+印鑑とかも押してほしかったな。。

 

勉強にしても本番試験にしても、やっぱり慣れですね。暗記物でもないですし、問題に慣れることさえ出来れば短期合格も不可能ではないです。よく○週間で~みたいなテキストがありますし。

 

私みたいに一度挫折していても、それが前提知識となって次の勉強は上手くいくと思います。取りたいと思っている人は、せっかくのこの易化の流れを逃さないようにしてくださいね。

 

◎まとめ

【勉強期間】2~3週間くらいで

【教材】過去問さえあれば

【受験料】2千円ちょっと

【合格基準】7割。問1の仕訳に気をつけて。

広告を非表示にする