脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】ビジネス実務法務検定を取得した【資格マニアの試験勉強法】

01資格-02公的資格 01資格

ビジネス実務法務検定。略してビジ法。日商さんの親戚、東商の公的資格です。

 

まあ私が受けた3級はエントリ資格なので、しっかりと対策かたなら余裕で受かるはず。さりげなくビジネス法務リーダーという称号いただきました。2級以上になると結構歯ごたえありますよ。

 

ただ唯一、私が受けた回の試験では、設問に謎の第三者Zがいきなり出てきて不条理感を味わいました。(あーいたいたって思う方は私と同じ実施回ですねw) 

 

勉強前のイメージだとビジネスコンプライアンスの資格だと思っていたのですが、実際の内容的には行政書士宅地建物取引主任者の方が親和性が高いです。

 

要するにクセが強い問題なんですよ。この手の試験を受けたことがない人にとってはなんのこっちゃです。

 

ですが、社会人なら知っておきたい法律知識も出題されるので有意義な試験ではあると思います。

 

私ははるか昔、興味本位から行政書士の勉強をしたことがあったので、その知識が若干生きました。(もちろん途中で行書は投げ出しましたが。。)

 

メンヘル検定の後にパラ読み勉強開始、そしていつものことながら本格的な勉強は一夜漬けのみ。受かりたいなら過去問あるのみです。

 

しかし一つ注意点。行間びっしり系の問題を見ているとだんだんイライラしてくる人は気をつけましょう。もっと平易な日本語で書けとつっこみたくなる問題もあるので。

 

よほど地頭が悪いとか常識がない人以外は短期集中のスタンスでやっても受かるとは思いますけどね。仮に挫折しそうな場合は、ちょっと距離を置くのもいいかも。

 

そして、やっぱり身に付けたい分野だったから再度勉強してみる→ようやく理解できるってこと、資格試験だと結構あると思います。これ一つで終わることなく、他の資格と組み合わせると、より威力を発揮できると思いますよ。スキルアップの足がかりにでもぜひどうぞ。

 

◎まとめ

【勉強期間】1週間くらいで

【教材】公式過去問があれば

【受験料】5千円くらい

【合格基準】7割

広告を非表示にする