脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】マイクロソフト認定ITプロフェッショナルを取得した【資格マニアの試験勉強法】


ついに本日Win7エンタープライズデスクトップサポートテクニシャンのアップグレード完了しました。(名称が長いっすorz 略してEDST)これでようやく最新のWindowsでもサポート力の証明が出来ます。

 

試験が公開されてからずっと取りたいと思っていたものの、なかなか対策に手をこまねいてしまい、思ったよりも時間がかかってしまいました。アップグレード試験なので、テクノロジースペシャリストの基礎部分と技術者部分の二つの分野を突破して初めて認定されます。

 

これでXPのときのMCDST→Vistaエンタープライズサポートテクニシャンから止まっていた系譜の更新が出来たわけですが、試験形式に若干の疑問が。(ちなみにVista版は早々に試験配信終了予定。。)

 

一言で言えば、これってサポート技術の試験か?って感じ。いや、マイクロソフトさんの意向は分かるんですけどね、どうも現場に即した内容になっていない気がします。Windows7のおすすめテクノロジーをよろしく!って感じがぷんぷんしてくる試験内容でした。

 

XPの内容は非常にためになったし、Vista版もそれなりに新技術の勉強にもなったのですが、今回の7はちょっとそういった点が露骨でした。使えば便利だけど、現場での対応としてそれはどうだろう?みたいな。

 

文句はこの程度にして、ちょっと対策的な話もしますと、Vista版から大きな傾向変更は無い気がします。いかにMicrosoftが推す技術体系を知ってるか、またサポートの基礎知識があるかってのが重要です。

 

さらに、Win7/2008Serverトラックで新登場のシナリオ問題。MS公式サイトで仕様書を読んだり、長文読解に慣れておきましょう。ぶっちゃけ問題文の最後らへんを読めば消去法で問いには答えられます。

 

MCP/MCTS関連のテキストだと赤本さんや黒本さんが有名ですけど、今回あまり使えないです。内容が試験対策というよりはただのVista以前からの変更点の紹介で終わってしまっている感覚。自分で実機を触りつつ、用語をぐぐりながらの勉強が普通だと思います。

 

サーバ関連を触ったこと無い人にはぴんとこない分野もあるでしょうが、それこそ関連書籍を読み込んだ方がずっとためになります。

 

ちなみに問題文の英語の原文表示ができるEnglishボタンがなくなりました。その代わり旧試験と違い、非常に丁寧かつ正確な日本語になってくれております。

 

ある程度目的は達成したし、これでしばらくMCITPは受験しないかな~。ちょっと様子見です。

 

◎まとめ

【勉強期間】実機経験があれば1~2週間くらいで

【教材】参考書よりは関連書籍

【受験料】1万5千円くらい

【合格基準】両分野とも7割以上

広告を非表示にする