脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

ウェブラジヲ「ハチロク世代の逆襲」~中●嫁日記と今昔「萌え」文化~

始まりは女性の専業主婦希望から移民というかメイドさんを欲する流れについてから。
まぁだいぶマスコミの報道バイアスがかかっているのは前提としても、きっと女性の意識変化ってのは真なんだと思うんだよね。
でもこれは動物の生存本能としたら仕方がないのかぁっていう一面があって、やっぱり誰だって安定とか楽さっていうのは求める志向はあり得るわけよ。
かといって、男性が草食だーっていう言論で煽るのは、逆効果どころかただのバカだと思うわけで。
男性はプライドの高い難しくも単純な生き物なんだから、仮に女性はクレバーなんだという自覚があるんだとしたらもっと上手にやらないとw
さて、続いてとある嫁日記のお話。だいぶ前に少し見たことがあるけども、まぁ普通に面白さはあるのは別として、ちょっと私は性格がひねくれてるので、なんでこんなにチャイニーズの人をネタにアピールしてんの?きっとそこには陰謀がー(棒)みたいに思えてしょうがなかった記憶。
動画内で言及されている真相(?)に関しては、なんとも云えんので分からないけどもね。しかし好みの分かれる作風だとは思うなぁ。
最後はオタク文化。私はオタクと自負するには明らかに守備範囲が狭いし浅いので、大きなことは言う立場ではないけども、少なくとも昨今はオタクの定義が変わってきたのは明白だよね。
ある意味、昔は"ギーク"だったわけだけども、今は"ヲタク"だもんねw
当然に定義が広がれば、一時の隆盛と文化の多様化、そして無法化があるはずなんだけども、それが今まさに一つの転換点に来てるだけ。
この文脈では萌えが再び「燃え」に回帰していくってのは十分あり得るんだろうなぁと。
私の嗜好としては萌えの良さってのも分かるは分かるけども、やっぱりギークとしてのオタクであれば燃えってのは何としても代表格に帰り咲いてほしいわけよ。