脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

ウェブラジヲ「ハチロク世代の逆襲」~右と左のトライブ化~

ポッキーを食してスタートの動画ww
さて、現代で顕著になってきた、それでいて根深い左右対立の問題。もー色々目にしたり、参加したり、考えたり経験してきた中で私が得たスタンスは、「どっちでもいーじゃん」なわけ。
若者的な曖昧さと捉えられるとちょいと嫌なんだけども、こうとしか言えないなと。
逆にね、様々な意見とか活動のいいとこ取りをして発展してきたのが人類の歴史というか知恵なのであって、左とか右とかもはやそんな単純なことでなんとかなるような時代じゃないんじゃないかなぁと思うの。
とはいえね、強烈なバックとか影響力を持つような勢力や人物は、左や右のトップの人達も含まれるわけで、完全無視することはできないんだけどね。
N.E.U.T.R.A.L共通表現で云えば、トライブ化で大局的には対抗していくことになるんだろうけどね。
ところがその前に、次世代の主軸になりそうな若者層がバタバタと死んでいってしまうようじゃ、どうしようもないんだけど。
なんだか事を急がなきゃいけないけど、そのためには人数が必要で、でもカオスな価値観の中で集団の少数化の傾向はあって、っていうちょっとしたジレンマもあるかな。
まー抽象的になるけど、オールラウンダーというか経験豊富であったり順応力が高い人が、やはりそのトライブなり若者を、一定の方向へ牽引していく必要性はまだまだあるんだと思うよ。
私としては、リーダーとしてのバーサタイリストが足りないっていう表現がこの文脈において適切かなぁ。
でもそんな上に立つ人物がアルハラパワハラ傾向な体育会系な人だったとしたら、そんなんで人間関係で悩むの絶対嫌だから、私は一人でいいけどね。