脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

ウェブラジヲ「ハチロク世代の逆襲」~君は殺人ビデオを見たことがあるか~

今回はちょっと趣向の違ったテーマの動画。
私としてはそんなに好きなジャンルじゃないので、深くは語れんのだけど。。
でもそれこそ中高生の頃かなぁ、友人がどっかからかデスファイルの話を仕入れてきて、やべーよこれ!ってことで見た記憶はあるけども。
ああいうのってそれこそ都市伝説みたいなもんで、知り合いから知り合いに伝わって、、っていう感じで広まるんだろうね。
まーネット黎明期の頃は、散々精神的ブラクラにひっかかって、グロ注意とあれほど(AA略、って感じで今ではだいぶ耐性はついたけどもw
というか巷のビデオ屋とか減ったよねぇ。別に買うとかじゃなくて、単純に雰囲気的に立ち寄るのは好きだったなぁ。
あとは、テレビの深夜帯によくやってたB級映画とかも。深夜のノリでなんとなく見ちゃって、時間をドブに捨てた気持ちになるのが大概なんだけど、たまーにすげー面白い大当たりがあるのがいいんだよ。
そういったものはほぼ全部ネットに移行していったわけだけど、ちょっと寂しいかな。
さて、こういったジャンルの媒体が精神に与える影響って思春期には多大で、それこそ中山、、じゃなくて仙水忍的な者になるリスクはあり得るわけだけど、でも人間の汚い部分に対する耐性を獲得するって意味では重要だと思うんだよね。
それこそ動画後半での言及に関連するわけだけど、哲学的な文脈での死生観を考察するにはいい手段なのかもしれないなと。
加えて、人間はキレイなのよー、純粋なのよー、っていう左右共にありがちな潔癖症な見方を捨てて、多様な価値観を許容できるようになると思うの。
極論で云えば、不幸にも変にキレイキレイな社会で育ってしまったがために、若者の非モテ非リア、自暴自棄的な犯罪発生、ニート問題に発展しているとも言えなくもないわけで。