脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

ウェブラジヲ「ハチロク世代の逆襲」~ハッカーの歴史に学ぶ、ネット文化の凋落~

maftyさんはメガテンシリーズは全プレイしているんだろうけど、私は真2までで十分世界観はおなかいっぱいww
さて、本題。ネットの可能性。
私の立場としては、これからの技術進歩とかに対しては無限大の可能性を感じているんだけども、動画の意味においては、いや電話や手紙と何ら変わらんツールでしょ?っていう考え。
しかしほんと最近のネット上は情報があふれまくってて、自分が欲する洗練された何かをピンポイントで見つけること自体難しくなりつつもあるよね。
特にSNS系は単なる井戸端会議とか陰口会場でもある現状だし。こんなところから何か未来の可能性なんて見えないでしょ。
こういったカオスも文化だし、そこから新たに生まれるものもあると云えばそれまでなんだけど、そこにたまーに現れる頭のいい奴にすぐに足元すくわれるっていうネット民全体のリテラシの低さはどうにかならんもんかね。
まーその意味ではアノニマスって云うのはそういった先鋭化された集団のひとつではあるけども、例の霞ヶ浦事件は笑ったよねww
たぶん今までの流れを見ている人なら、とっくにネットは所詮ネットだよねって気づいているはずで、そこに住んでいる人々はバカばっか。なわけですよ。
むしろ最初っからそうだと云えるし、そしてこれからもずっとそうだろうね。それが、というかそれこそがネットってものだっていう認識かな。
みなの人間性が10ランクぐらい一気に昇華すればあるいは可能性はあるかもしれないけどねw