脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【対談】N.E.U.T.R.A.L_古澤圭介「雑談っぽくジェンダーの話」その2


前回から引き続き、雑談&ジェンダー論。
さて途中、非モテのお話が出てくるわけだけど、お二人の場合は恋愛以外に楽しいことあるぜ?っていう結論になったんだけど、これは当の非モテにとっては強者の理論になってしまうんじゃないかなぁと思ったり。。
なぜ恋愛にこだわるのかって、それは周りが当然にしているのに自分は出来ないから、、がおそらくの回答で、なんだったら”自分の親でさえ経験したもの”が、なぜ自分はその機会に恵まれないのかっていうことだと思うわけ。
まー語感的には非モテは男性を指しているけど、結局何でも誰でもいいから一度経験して、現実を知れば、幻想は消えると思うのねw 女性に夢とロマンはそこまでつまってねーぜ、とw
さてさて、結婚の中でも浮気や不倫てものについて話は移っていって、私個人としては一定部分嫌悪する部分はあるにしても、別に全否定するもんでもないのかなーって。
もちろん自分がするかどうか、あるいはそういった相手を選ぶか、とは別問題ね。他人の不幸な家庭問題ならどうでもよいw
これって別に日本人が特殊だとか、日本女性がバカだからとか云うつもりはなくて、人という種の生存繁栄には不可欠だと思うわけ。きっとまだウホウホいってる原始人の頃だって、DQNやビッチはいたはずだしさ。その直系の子孫かもしれないでしょ、私もw
まぁ動物界では強者ほど子孫数は少ないとか云われるけど、所謂人間においても知的なほど結婚願望はない、と置き換えられるかな。お二人のように。
てことでLGBT含め、相違を認め合う、けど受け入れられないものはきっぱり拒否する。それが人の恋愛価値判断には一番なんじゃないかな。
少女マンガ的な、何でもありのままを見て!はやっぱ絶対いつかこじれるわけですよ。
広告を非表示にする