脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【所感】非モテは海外へ脱出せよ?~公式記事より

nisha-adhikarki_new_600_559.jpg
※公式記事より画像引用。
前項より引き続いて、具体的な国際結婚のお話。
まー何と云うか、ここまでデータを提示して分析されてるとは、、流石っすw
記事内で掲載されている各国の女性の画像、この辺りは少し女性の意見とは異なるのかもしれないけど、男性側としてはこの地域の女性たちの容姿に少なからず魅力を感じる人も少なくないと思う。
所謂オリエンタルな雰囲気っていうのかな。例えば欧米の男性が、アジアの女性に感じるものと同種で、最近の有名どころだと、FB創始者のあの人のお相手は、その女性でいいんですかい?wっていう感じだったよね。
現代の日本人が、かつて日本に当たり前にいたモノクロ写真に写る普通の和服女性の容姿に目を奪われるように、美醜は時代はもちろん国家間でも様々だからね。
しかし、だ。
これは記事中でも言及されているけど、今回データに示されている各国の女性たちには、経済・身分・宗教・治安・文化etc...多様な障壁があって、むしろ彼女たちにそういった懸案事項があるからこそ、非モテが国際結婚にてその中から相手を見つけることが出来るんじゃないか?って話なんだけど、、
それに対してふと思うのは、要はその日本人男性たちは例に挙げた部分において彼女たちより「上位」だったりするわけだよね?
別にそれはそれでいいんだけど、何ていうかそこから派生する男性側の「優越感」、あるいは異国の女性側が「劣等感」を覚えることもあり得るわけで、その感情が同居し続けながら、生活を共にしていくのだとしたら、いつかそれをきっかけとして綻びが生まれてしまうんじゃないかなぁという懸念。。
もしその感情を払拭できないのなら、そういう形ってなんとなく健全じゃないんじゃないかなぁと思ったり。
まー細かいことを言い出したらキリがないし、現状より恵まれてるなら文句は言うべきじゃないんだろうけどさ。
結局それらを含め、お互いが合意の上でのことなら、周囲がとやかくいうことじゃないからね。日本人同士でも同じだわな。
ちなみに私はタイがおすすめ!w
うん、単に何回か訪れて接したことがあるからだけなんだが、TOEICスコア400以下の私でさえ、少なくとも言語の壁は簡単に超えられたw