脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【所感】ARは現実を拡張出来るのか。~公式記事より

ar_0912-thumb-490x324-9745.jpg
※公式記事より画像引用
このARって言葉を私はN.E.U.T.R.A.Lの方々が集まるPathの中で初めて聞いたのだけど、拡張現実、っていう単語としてなら何度か聞いたことがあったんだよね。
というか、何らかメガネ型デバイスの開発なり発売の話の中に必ずといっていいほど、この類の話って出てこない?
まず話を横道に逸れさせてもらって、メガネ型デバイスは確実に流行らん。この現代の日本では。
グーグルグラスも今は入手困難だから使われないんじゃなくて、ダサイかダサくないかの見た目重視、出る杭は打たれる同調圧力それこそ文化の問題よ。
昔を思い起こせば、バーチャルボーイというのもありましてね、、時代が早かったのか、、というよりもギークが求めるギークさってのを表現できてないわけ。
流行りは常にギークから大衆、といった順番だと思っているし、これは記事中の内容にも関係するんだけど、ギークが求めるモノってのは、分かりやすさとか使いやすさとか、リアルや臨場感とかそういう単純なもんじゃなくて、ましてや「オサレ感」じゃないはずなんだよね。。
現実の世の中ってのはオサレなんかじゃなく、汚いもんなんです。金曜夜に大衆居酒屋に集まるサラリーマンのおっちゃんたちの会話を聞いてみろよと。まさに2ch的な誹謗中傷、陰口の嵐ですよ?w
別にそれって日本だけの現象じゃなくって、世界中どこでもあることでしょ。まぁ国家が言論統制していたらできないし、公共の場ではやらないって国もあるだろうけど。
そんな現実を投影し、そしてそれを「拡張」させようとするならば、当然にARにも「汚さ」ってのが必要なんだよ。maftyさん的に表現すると、カオス、が必要。
なんだかねぇ、ネット上だから健全であるべき、ってのはちょっと可笑しな話なんだよね。
そもそも成り立ちを考えてみても、最初は軍事利用だしさ。これ、キレイな整った世界か?
賛否あるだろうけど、その後少なくとも日本ではこのネット世界ってのは、エロとか2ch的な落書き場が牽引していったとも言えるわけで。
さてさて、ARに関する私なりの見方は、確実に商業的には成功しない。少なくとも今の日本では。(←二回目、大事なことなので)
真にギークな人がギークな人のためだけに、インフレ下で潤沢な予算を費やして、カオスな世界を表現してくれるなら、あるいは、、w