脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【雑記】NPO法人江東映像文化振興事業団(江映)

「日本には、映画の力が必要だ」――
古谷経衡さんが理事長となり、古澤圭介さん、そしてmaftyさんも参加するNPO法人
キーワードは「映画体験」です。
この日本の中に映画を映画館で一度も見ずに大人になった方はいらっしゃるでしょうか。
いや、きっといるのでしょうね。そう思えてしまうほどに、現代のメディアも娯楽も多様化していきました。
そして肝心の映画自体も、シネコンで決まりきった流行りものを見るか、あるいはテレビ放送やレンタルDVDで自宅内で見る。
実に良くも悪くも効率化されてしまったものです。
しかしそれらだけでは、玉石混合の映画作品を独力で網羅出来るほどではありません。
映画はひと時の夢です。それは時に悲劇であり、時に心躍る冒険活劇、あるいは甘い恋愛かもしれません。
ですが、それもこれも全て創作という名の夢です。しかし創作物の力を私は信じています。
私自身、どうしようも無い心の重さに苛まれた時、あらゆる創作メディアに幾度も支えられ、救われてきました。
良い映画に出会うことは、エンターテインメント的な享受に限らず、時に人生を変貌させ、そして世界観を一変させ得る、良い教育にさえなると私は信じています。
これから映画人生を始めていく、あるいはこれから新たに映画人生をリスタートする全ての方の、最良のガイドとなってくれるであろう「江東映像文化振興事業団」を当サイトは応援します。
、、、なーんて、気取り過ぎたねw
ということで、我らがマフさんが評議員の一員として参加しておりますので、ぜひ皆様応援してくだされ。
しかしまぁ、点と点が線になる、とは正にこのこと。出会いと縁は、実に奇妙奇天烈摩訶不思議ですな。