脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【対談】N.E.U.T.R.A.L_古澤圭介「革命的非モテ同盟と出会ったときの話」


まずはお二人の邂逅に関する雑談から。うん、久々のネットラジオだね。
しかし縁とは摩訶不思議なものですw
さて、公式サイトやASREADなどご活躍めざましいお二人だけど、やはりテキストベースの方が活字と云う意味で敷居は高い分、手軽さはあるのかな。
動画だと数十分はスマホやPCの画面とにらめっこしなきゃだからねぇ。。
さて本題の革非同のお話。何度か以前の動画でも話に出てきている例の方々。
私はN.E.U.T.R.A.Lでその名が語られるまでは全く知らなかったんだけど、要は「どうでもいい」人たちなんだろうなぁとw
お二人がそれぞれ別の方と"喧嘩別れ"したことを聞くと尚更、「あ、近づくのやめとこ」みたいなw
たぶんあんまこれ以上掘り下げるまでもない感じなんだろうなと。。
モテるかどうか、もしくはそれが気になるかどうかってのはもはや本人次第の問題で、こちらが一定以上の処方箋は提供できないってのが現状だと思うの。
しかしまぁ例えば全く風邪じゃない人が病院に診察に来ても、それを気のせいですよーと言ってなかなか追い出せないのと同義で、アドバイスを求める人がいる限り、いつまでも悩ましい部分は残るってのは正直なところ。
非モテとかスクールカースト、あるいはオカルト含めたサブカルなどのジャンル。
これらは今までN.E.U.T.R.A.Lが根強く支持を獲得してきたキラーコンテンツなわけだけど、それがテキストサイトでも好評を得ているってのは頷けるよね。
結局政治なり保守論なりってのは確かに爆発力はあるんだけど、アンチが付きやすくて急進的になりがち。
ならば、内心みんなが知りたい、でも身近過ぎてなかなか近づけない、そんな話題を深く追究していくってのはやはりWeb媒体ならではの醍醐味なのかなと。
広告を非表示にする