脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【対談】N.E.U.T.R.A.L_森鷹久「本当に騙されてるのか?業界の闇」


森さん対談、引き続き2回目。今回は、某半グレ集団ネタを踏まえて、とある業界のお話。
しかしヤの付く自由業の方々ってのは、この現代になっても所謂昔ながらのピラミッド的上下関係が残ってるもんなんだねぇ。。
分からん世界の話だね。とは云え、こういった人々から完全に関わらないってのは難しいのが現代日本。やっぱ自分たちの身を守るのはゲーテッドだぜぃw
さて、本編の森さんの得意分野?w
以前twitterでもちょこっと出回ってた在日に無理やり論。単に従業者数から云って明らかに都市伝説レベルの嘘ってのは明らかなんだよね。
そりゃ一部には強引な事後承諾的な流れだって勿論あるんだろうけどね、それを全てかのように語るのはおかしいお話。プライド持ってそれに従事している人たち失礼だよね、、
しかし業界もデフレの波って奴なのかね、本当にリターンが少ない分リスクがでかくなってきた職種だと思うわけ。
勿論、実働の時給換算すればまだまだ破格な世界の一つではあるんだろうけどね。
まー人の欲ってのが関わっている以上、過激さを追い求めてられてしまうのは仕方ないし、それに上手いこと口八丁で女性たちが出演してしまうってのは被害者的な側面もあるとも言えるのかねぇ。
女性たちのリテラシ次第、って言ってしまえばそれまでなんだけど、このネット社会がここまで身近になってしまったことで、感覚が麻痺してしまうってのは誰にだってあり得ることだし、彼女らだけを否めないよなぁ。
しかし当然にきちんと判断できる女性たちも大勢いる。さらには後々に気付いてきっぱりと足を洗う女性もいるってのは忘れちゃいけない。やってから今更って言われがちだけど、大切なことではあるからね。
でもねぇ、このデジタル世界だからこそ、ほんの出来心・気の迷いの彼女たちの姿が半永久的に残ってしまうリスクをどうするかってわけだけど、、
ゼロにするのは勿論不可能なわけで、その中で解決策とも云えるものの一つになり得るのは、ある意味でそれらが特に気にならなくなる社会を作るということ。なんかディストピア的かもね。
情報が膨大に蔓延しすぎて、かえって各個はボヤけてしまう逆SEO状態というのかな。
個人情報に特に価値やリスクを見出さなくなるという世界。それがいいか悪いかは別としてねw
というかリテラシの底上げが無理なのであれば、行き着くところは多分そこだろうなぁ。。
広告を非表示にする