脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

添加物?なにそれおいしいの?合成着色料、保存料、一切使っていませんwだっておww


まず結論から書いておくけど、この世に化学式で表せないものはない、ゆえに食べ物は全部化学物質キリッ(ダークマターとかは知らん。というかこんな但し書きを付言しないといけないこんな世の中なんてポイズン)

もー、植物性だから安心だとか、天然由来の成分で健康だとか、いい加減やめてほしいんだよね。例外はいくらでもある。というか例外の方が多い。

 

久々にとあるコンビニパンを食べていてさ、イーストフード不使用とか書いてあるわけよ。イwーwスwトwフwーwドw不w使w用wwww

もうね、やってらんないわけですよ。どんだけ踊らされてんのかと。マイナスイオンが出る麺棒で水素水を混ぜてこねた小麦粉を、プラズマクラスターで滅菌した石窯で焼き、電磁波をシャットアウトした空間で召し上がったら、さぞ美味しいんでしょうねww

 

しかしまぁ、ググるとあれが危険だこれが危険だとよく出ることね。人口甘味料はーとか、発がん性がーとか、動物実験ではーとか。

まず断言しよう。んなもん気にしていたら、この日本で身の回りで食えるものは半分以下に減る。

そもそも、動物には有害で人間ではほぼ害が無視できるものなんてごまんとある。一時期騒ぎまくったダイオキシンなんてその最たる例。ほとんどが程度問題。過ぎたるは及ばざるが如し。

 

むしろ逆の例としても、動物実験有意な結果を得られた新薬あるいは治療法が、人間ではまるで役に立たなかった。ということも枚挙に暇が無い。

HIV特効薬とか癌治療とかがいい例で、ネット上を探せば明るい希望が見える"過去"情報は散見されるのに、その後の実用段階での情報がほとんど無い。医療や製薬業界の陰謀?治験や承認に時間がかかっているから?

違う。人間の体内で思うように作用してくれないから。がほとんど。副作用が強すぎるあるいは、効果が期待より弱すぎる。という話。

 

これは薬にも食べ物にもいえるけど、要はリスクとベネフィット、あるいは効率性の問題なんだよな。

もうね、添加物は入っていて仕方の無いものというか、何か必ず理由があって使われているわけよ。何だか体内には良くない"気がする"シリコンだって、巷のコーヒーに乳化剤としてごく普通に入ってるくらいなわけよ。それら全てを避けようなんて躍起になるのは精神衛生上かえってよくないというか、人生の無駄だとさえ思う。

歴史上、宗教や風習と密接に長い間関わりあってきたベジタリアン志向でさえ、この日本で徹底しようと思ったらどんだけの時間と労力を費やすのかわかってんのかと。

 

たかだかこのわずかな期間の人類史における科学の発展で安全性がすべて担保できるはずも無い。むしろ子の世代、孫の世代で、初めて明らかになることもあるだろう。しかしそれを全て待ってからでないと、口にできないというのか?と。某バキの地上最強の生物氏も毒も栄養も喰らえと言っているわけよ。

 

科学は万能ではない。とはいえもちろん先人の言い伝えや昔からの迷信が正解でもない。トレーニングやダイエット法なんて非常にわかりやすくて、ことごとく時代が進むごとに正答は変化していって何が何だかわけわかめ状態だし「※個人差があります」と書いておけばもう全て正解ってことでいいんじゃないかってレベル。

 

というかせいぜい現代で人間が健康的に生きられるのは80年程度なわけよ。それが10代でタヒのうが、100歳でタヒのうが、そんなものはこの大自然から見りゃ誤差の範囲。

もちろん私だって別にいますぐタヒにたいとは思わないし、将来病気にもすすんでなりたいとは思わない。けどねぇ、何をそこまで執着してんのかと。

 

健康、不健康なんて所詮単なる確率問題だと思うんだよ。運ですよ、運。いまふと思ったが、私統計だとギャンブルあるいは宝くじ系が好きな人って、なぜか健康問題にも一部関心があって思考がすごく偏ってる気がするw

 

まー別に個人的にその人それぞれが選択して、特定の食生活やあるいは健康法を実践する"だけ"ならいっこうに構わないんだよ。

ところが、たいていそういう"宗教"に取り付かれた人ってのは他人にも勧めたがる。それをほんとうにやめてほしいんだよね。健康の押し付け。

 

コンビニやスーパー、あるいはレストランの"○○一切使ってません"系の表示も、これだけ食品偽装が跋扈する世間を目の当たりにしているくせに、それを信じることに、選択の考慮に入れることに、一体何の意味があるのかと。

そういうものに人一倍入れ込んだ人は、その期待が裏切られると百億倍騒ぎ倒す。愛煙家が嫌煙ファシストに変化するか如く。

 

人類は60億人もいて、一定の傾向はあるとはいえ、体質も千差万別なわけよ。結果的に何かに頼った末、病気になれば本人にとってはそれは決して本意なものではなく、不幸な出来事なのかもしれない。

でもさぁ、そういったごくわずかの不幸を針小棒大に取り上げて、他人を巻き込まないで欲しいんだよね。

 

その昔、ふくよかな体型の友人が言った台詞がいまでも印象に残っている。

「カロリーは"旨み"だよ」

もうたぶん自分が美味いと思えるものを食うのが最も健康的ってことで、これが宇宙の真理な気がする。

広告を非表示にする