脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】営業力強化検定を取得した【資格マニアの試験勉強法】


怒涛の無料資格シリーズであまりにもネタを一気に消費したので、有料資格にも久々に手を出してみるw

営業力強化検定WEBテスト――似たようなものを昔見たことある気がするけど、こちらは資格関係ではかなり多種多様を実施しているので有名なサーティファイさんのもの。

受験料は格安の1000円。しかもネット検定。嬉しい!手軽!
いやー、たぶんこの辺りは感覚マヒしてるんだろうなぁ。だって巷の資格の多くって取得がめんどくさかったり高額なものがほとんどだからねw

さてさて、私は遠い昔ならまだしも、いまは営業職とは程遠い位置にいるんだけどもw、、一応過去の経験を若干思い起こしつつ受験。

まー内容的には決して難しいものではなくて、仮に営業さんでなくても、なんとなくその場その場のケースを想像しながら答えていけば高い正答率になるんじゃなかろうか。

この資格の特徴としては合否ではなくて、正答率としてのスコアが出て終了。レーダーチャートが表示されるから、それを見て自分の営業力の得意不得意を判断して今後に生かしてね、っていうスタンスっぽい。

受験前には、法人営業なのか個人営業なのか、新規なのか既存ルートなのか、等自らのステータスを入力する関係上、同クラスタの人たちの正答率も結果表示されるので、だいたい自分がどの程度の営業力なのか客観評価もできるのかな。

知名度は低いだろうけど、1000円の検定料のわりにためになった気がする内容なんだけど、納得行かないのは最後の結果表示なんだよねぇ。。

スコアシートが表示されるんだけど、レーダーチャート部分はFlashだから普通の印刷に載らないし、しかもその唯一の結果ページを閉じたら最後、受験時に使用したIDなどでログインしても、"終了しました"と言われて二度と見れないw
検定結果の事後活用を目指しているのなら、もうちょい改善されないかなーと思うところ。

◎まとめ
【勉強期間】常識とネット上の情報などで無勉でも。
【教材】一応公式本もあるっぽい。
【受験料】千円
【合格基準】スコア方式。8割は目指したい。

広告を非表示にする