脱SEして文筆家になった人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【雑記】ピアスの穴が多ければ多いほどメンヘラ説【所感】


なんだか耳メイクとかいうわけわからん物があるらしい。

www.narinari.com

いや別に日本でも和装においては、耳たぶに赤みを乗せるなどのメイクは伝統的だし、「流行の兆し」とか「密かなブーム」「静かなブーム」は大抵はマスコミのステマなので、大人が作ったムーブメントに若者が好きなように乗ればいいさと。

 

てことで今回はピアスの話でも。

 

していない方が少数派

いつの頃からだろう、ピアスという装飾品がこれほどまでに女性を中心としてこの国において、メジャーなアイテムになったのは。昨今は耳だけではなく、ヘソや舌だって決して珍しくはないようだ。

成人女性のみならず、学生でも全くピアスに興味がない、と断言できるのはむしろ少数派になったのではないだろうか。

 

例えば私が若かりし頃は、大きな穴で耳の軟骨にも装着するようなボディピアスが全盛であったように思うけど、そこで聞いたのは両耳で奇数な方がバランスがいい、とか、片耳に一個はゲイである、とかいう根拠不明な言説である。

 

すなわち、最初から複数のピアスを装着するのがほぼ前提条件としてあって、それはつまり自らの体に穴を開ける機会が多く、痛みも複数回ある、ということと同義である。

 

なんだかこんなこと言ってて、自分がとても古臭い人間のように感じてげんなりするのだけれど、私は思春期にピアスに幾ばくかの興味はあれど、結局開けないまま社会に出てしまった人間である。

 

なんだかんだ言っても

 

だって、絶対怖いじゃん!!冷やせば痛くないとか、一瞬だから大丈夫とか言うけど、信用できないじゃん!というか一度やったら最後、ほぼ不可逆な行為だよねそれ!

 

、、と思ってしまう前時代的な人間である。

いや、そもそも私はアレルギー体質であるので、自らそんな汚れの溜まりやすい耳などという器官に穴を開けてケアしたり、異物を付けっぱなしにするなど、あまりにも気持ち悪いしリスクが計り知れないのでやらなかったのが大きな理由の一つでもある。

 

時代は進んで、社会人であっても女性の身だしなみとしてピアスは認知されているけれど、男性側への風当たりはまだまだ強い。しかしこれもいずれグローバル化とともに、タトゥー文化と相まって次第に寛容になっていくのだろうなとは思う。それを憂うかどうは個々の価値観が決めること。

 

けれども、私がいつも不思議に思うのは、なぜ流行っているから・可愛いから・カッコいいから・みんなやっているから、だとしてもピアスなんて言う世にも恐ろしいものを女性や若者はすすんでつけたがるのだろうか?バカなのだろうか?

 

確かに皆がやっていることを自らが出来なかったら、孤独感というものは果てしないだろう。 それを煽るのが集団心理であり、メディアの作戦でもある。これが単なる服装であったり、言葉遣いであったり、食べ物などに対してだとしたら何ら不思議に思わない。時代の流れや流行りというものは常にそういうものだ。

 

ファッション、か?

だがアクセサリーでもピアスは違う。

ここにタトゥーを含めてもいいけれど、先述なように何もしなかった頃には戻れない、ほぼ不可逆なものである。そしてそこには少なからず痛みが伴う。それを知っているにもかかわらず覚悟の上でやるというのは、すなわちマゾヒズム自傷行為だともとれなくもない。

 

その人間が持つ根源的な痛みへの恐怖を凌駕できるほど、それは魅力的なものなんだろうか?そんなことより、どこまでの決意をもってそれを施しているのだろうか?タトゥーであれば、確かに本気度がよりピアスと比べ高いようには感じる。

 

いやしかし、予想するにほとんどの場合において、それは実に気まぐれで場当たり的な気持ちに違いない。上記のように、皆がやっているから、とかあるいは大人の階段を上ったような気になる行為なのだろう。

その上で、今現在ピアスやタトゥーをしている人は、微塵の後悔、というと大げさだが、例えば「ここをこうしとけばもっとカッコよかったな」的なことすら感じないものなのだろうか。

 

やっぱもうわけわかめ

私にとってはさっぱり訳が分からない。大人になった今でも全然わからない

だからこそ私は、ピアスをしている人やいっぱい開けている人を、痛みや恐怖に打ち勝ち超越した勇気を持つ者、と表現するよりは、そんなリスク行為を無謀にも行う常識を遥かに超えた変わった人=実はメンヘラっぽいんじゃないか?と定義してしまう悪癖がある。

 

いや、実のところ誰か教えてくれませんかね。ピアスを現状で付けている、というよりむしろこれから開けたい、と思う人の気持ちがいつまでたっても本当に謎です。だって怖いもの絶対。。

 

ちなみに、女性の耳に中途半端じゃなく5個6個7個...とピアスがガンガンあけられて装着されている様は、非常に美しい、とは思います。それがターコイズカラーだと個人的にツボで尚良いです。

 

あ、もしかして何か民族的、というか呪術的な行為に本能を揺さぶる魅力があるってことなのかしら。

 

広告を非表示にする