脱SEして文筆家になった人

雑記ブログ兼、過去ログ置き場。時々担当が入れ替わりながら、ゆるーく不定期更新していきます。

【四方山話】LGBTが嫌だっていう言論は、ほんとにヘイトなのかね?

記事タイトルとURLをコピー(対応ブラウザのみ)

 

twitterに書くには長すぎる、かと言ってブログに書くには短すぎる、そんなチラシの裏にでも書いておけシリーズ。

 

LGBTが嫌だっていう言論は、ほんとにヘイトなのかね?

すげー差別的な罵詈雑言は別として、生理的にムリー、くらいのワードは止めらんねぇ、というかむしろそのくらいはガス抜きさせてやらなきゃいけなんじゃねぇかなと。

まずそもそもが明らかに、性別の好みが関係する話であって、そしてそこにLGBT以外が私は嫌だ、という意思表明をすることってのは、別に人の志向問題として自然なことなんじゃねーかと。

いや、それこそ某・出川さんなんて日々きもーい、とか生理的にーとか言われてまっせ。

 

言葉っつーのは難しい、どこまでやりゃいいのか?

いや、それでLGBTの中では差別的に感じる人もいるだろうし、決してプラスの感情にはならんのかもしれん。

でもどこまで突き詰めりゃーいいのかと。人類皆平等、だからそれを受け入れましょう、ってのは逆に無理な人たちだっているわけでしょう。かかわりたくねー、とか目障りだーとか。

てことで、なんだかんだいろんな話題で繰り返し言ってる気がするが、相互理解ってよりはむしろ、住み分けってのが最終的な最適解だと思うんだがねぇ。

というかね、そもそも流行り言葉のように急にLGBT言い出したのが、少しうさんくさいのよ。どうも味方の中に敵がいるような気がしてね。

 

上へ戻る