脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

川柳6篇――日常の一瞬をカット。買い物中あるある。

~~~~~
Self Review

2016年第4期コンペ分。

久しく川柳。書き下ろし3篇。リライト3篇。

 

リライト分は、そのほとんどを手直しせずに漢字や仮名遣い程度の変更にとどめた。著者の日常がよくわかる川柳。

 

自身の書き下ろし分は、通常のエッセイ等とはまた一味違った志向性。見る人が見ると、実に性格がにじみ出ているのではないかと感じる。

 

あまり俳句や川柳は好きではないものの、季語に特にこだわらず、というテーマのために比較的自由に作ることができた。

この辺りは好みによるのだろう。

 

いずれにしても、ふとした日常によぎるものを五七五でまとめる習慣をつけると、それはそれで一つの文章構成力の向上に寄与する気がしている。
~~~~~

 

ルフレジ 初体験に 汗垂らす (せるふれじ はつたいけんに あせたらす)
ハンバーグ 挽肉安い もう一つ (はんばーぐ ひきにくやすい もうひとつ)
キャンペーン 応募するため 無駄遣い (きゃんぺーん おうぼするため むだづかい)


予定外 半額品に 使いすぎ (よていがい はんがくひんに つかいすぎ)
空腹で 皆おいしそう よだれ出る (くうふくで みなおいしそう よだれでる)
何食べる おかず決まらず 時間経つ  (なにたべる おかずきまらず じかんたつ)