脱SEして文筆家になった人

脱SEして文筆家になった人

四ツ葉真生(よつば まお)の過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】B検ビジネス能力検定ジョブパスを取得した【資格マニアの試験勉強法】





注目記事

いやー久しい久しい。あんまり間があいたもんで資格マニアの名が廃るところだったわw

ビジネス能力検定――略してB検だそうな。文科省後援ってことで一応公的資格ってことになるのかな。

 

遥か前、それこそJ検とかを受けまくっていた時に、タイミング合わず一度見送ったとこがある試験。最近になって、内容も装いも新たにジョブパスと改称したそうで、ふと思い立って受験。

 

受験形式はCBTってことでパソコン上での受験になるわけだけれども、この試験、かなーり受験の日時とか場所が限られてくるんだよねー

 

まぁ最悪場所は多少遠くても頑張ればどうとでもなるとはいえ、受験日がほぼ平日ってのは辛いww なんとか空いたスケジュールを見つけたけども、だいたいの人はそのせいでペーパー試験を選ぶんじゃないかな。

 

さて、この試験の内容は社会人のビジネススキルや知識を評価するものだそうな。

とはいえざっと過去問を見た限り、2級くらいまでだったら概ねの社会人は時間をかけて対策立てなくてもどうにかなる感じ。

グラフ読解とか、職場のケース問題とか、マナーとかビジネス用語とか。常識問題もけっこう多い。

 

そう、ということでCBT開催が平日だったり、試験会場が専門学校だったり、ほぼ学生をメインの対象にしているもの。
もちろん2級だとわりと歯ごたえがある感じなんだけど、今回は日程の都合上、3級を受験。

 

なんとなーく公式サイト上の過去問に目を通しつつ、当日。。

 

なんと、だだっ広い会場(専門学校の一室)に私一人w なんだかすごい気まずいw 学生時代なんて遠い昔の年齢だから余計に恥ずかしいw しかも3級とかww

 まぁ仕方ないよね、こういうケースは資格マニアは何度も経験するわけよ。昔はよくあったわ。

 

てことで、後方で試験官の先生に見守られながら、ひとりPCで受験開始。

うーん、確かに用語を知らないと正答できない問題もあるけど、基本的には"勘"で答えられる。

いやいやwいい意味での勘ねw 知らないことでも、社会人経験さえあればほとんど答えられる、というかなんというか。

 

さぁ開始から20分程度。時間がまだ30分以上余った状態で見直しもほぼすることなく自爆ボタン、否、採点ボタン押下。。

 

結果、合格70点のところ95点で突破!意外に間違ってなくてよかったーww しかしぜんっぜん過去問は役に立たんかった。ここ最近8回開催分の問題とは違う、まったくの初見ばっかりw
いやーこの試験の真の敵ってのは、たぶん過去問丸暗記が通じない状態で、捨て問が作れないところだと思うね。

 

傾向はほぼ同じとはいえ、配点もまばらな状態で、35問しか無いのに7割正解ってことは、10問も間違えたらほぼ終了だからね。ん?あれ?よく考えると甘いかこれw だって3級なら3択だしねw

まぁ配点高い部分でもほぼ国語の問題っていうか、長文とも言えない程度の問題文を読み解ければいいんだが、学生にはいまいちピンとこない内容も一部あるかもしれん。

 

ということで私はさくっと無事合格なので、1か月ちょっともすると認定証としてプラスチックカードが送られてくるはず。試験後40日間は公式サイトから所定のURLアクセスすると、試験結果閲覧したりPDFもゲットできる。

 

んー、一応年齢とか経験的には2級を目指すべきなんだろうけど、先述の通りかなり日程&場所が厳しいのよねー。まだまだ受けたい試験もあるし、私は3級どまりでやめておこうかなw

◎まとめ
【勉強期間】社会人ならまず無勉か。
【教材】公式HPの過去問など。
【受験料】3000円+CBTなら施設利用料
【合格基準】35問を7割以上