脱SEして文筆家になった人

過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】性護検定を取得した【資格マニアの試験勉強法】

広い世の中、まだまだ珍しい資格はあるもんだ。そんな風に久々に思ったのはこの検定。ある意味では、珍資格といってもいいかもしれない。

 

一般社団法人ホワイトハンズの実施する、性護検定。介護じゃなく、性護ってところがポイントね。

ちなみに当サイトではその検定理念から公的資格にカテゴライズしてるけど、完全に民間資格。

 

さて、肝心の内容なんだけど、、うーん、なんて伝えたらいいものかw

いや、実際に公式サイトを訪問してもらうのが一番いいと思うんだけど、主に障碍者の介護、もっと深く言えば性、というものをどのように介護していくかというかなりセンシティブなもの。一時期はメディアでも取り上げられたことがあるね。

 

うん、なんだか非常に不真面目でアングラなことに聞こえてくるかもしれないんだけど、当然に当事者たちにとっては決して目を背けることはできない問題で、それをいかに解決していくかというのは、この近代社会において決して放置してはいけないもの。

 

というわけで、それに向き合う考え方や実際の方法、さらには基本的な性というものに関する知識までが網羅されている。公式テキストもかなりのボリュームでまさに力作。

 

申し込みは公式サイトから、まぁできれば試験範囲でもある公式テキストも同時購入するのがベストオブベストなんだけど、結構高額なので自信のある方は受検料のみを払ってチャレンジするのもいいかもしれない。その場合は広い範囲と細かい内容にそれなりに苦労すると思うけどねw

で、申し込み後は返信メールに従って既定の口座へ払い込みすると、問題用紙と解答用紙等が送られてくる仕組み。

 

そう、これは在宅受験なんだよね。一応の検定時間は60分で全100問選択式。資料閲覧は基本的に可、とされてる。

実際に用紙が届いたら、あとは公式サイトの回答フォームに入力して送信。するとおよそ2~3日程度~1週間以内には合否通知がメールで送られてくる。合格していれば別途後日合格認定証が届く流れ。

 

内容的に先述のようにかなり多い知識体系の網羅が必要なんだけど、決して難易度自体は高くなく、あくまでも基礎的で決して落とすための試験ではない。手元の資料を確認しながら解答していくのが基本的なスタイルになると思う。

そうそう、注意点としては解答期限は冊子到着から1か月以内で、万が一不合格の場合は同一年度の再受験は不可。

 

ちなみにこの団体ではこの資格以外にも、デ〇ヘル検定など、一部伏字にしなければならない名称ではあるものの内容は至って真面目なものや、性護検定の上位版である臨床性護士、法テラスならぬ風テラスをはじめとして真剣な活動を実施しており、性という問題に関する出版も数多い。

 

まー、人によってはその名称からして嫌悪してしまうのかもしれないけれど、少しでも興味のあるかた、その理念に共感するかたは是非いかがかな。

せめて一度は、公式サイトをのぞいてみてから各自の良心で判断することをお勧めするよ。

 

◎まとめ
【勉強期間】基礎知識次第ではすぐに。
【教材】公式教材やネットなど。
【受験料】受験料3600円、テキスト込みは10000円
【合格基準】100問中75問正答