脱SEして文筆家になった人

過去ログ。ゆるーく不定期更新。

【仮想通貨】二段階認証アプリを設定するならバックアップしておこう【暗号通貨】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビットコインやアルトコイン(オルトコイン)に代表される仮想通貨(暗号通貨)。

それらを扱う有象無象の販売所、取引所。

 

国内の有名どころでも、ザイフ、ビットフライヤー、コインチェックなどなど。

 

それらでめでたく口座開設したのちに、アカウントのセキュリティ強化のために二段階認証がすすめられているんだけど、実はあれ、そのまま設定するだけだとすごく危険なのは知っているかな?

 

それこそGoogleのアプリで設定することが多いと思うんだけど。

設定しただけだと危険なその理由は、アプリデータの復旧方法が基本的に用意されていないから。

 

今のご時世、常にスマホと共に生活しているんで、万が一紛失、盗難、破損、水没したらどうする?あとは、アプリを間違えて消しちゃったー、とか。

そしたらアカウントにアクセスできなくなるどころか、最悪の場合、今まで取引した仮想通貨がすべてパーになるなんてことも。。

 

ま、たいていの国内取引所ならカスタマーサポートに連絡すれば、アカウントアクセスは可能になるんだけど、昨今の顧客急増で対応は激遅は覚悟しないといけない。

そしたらかなりの投資機会損失だよね。

 

あとは、海外の取引所の場合、そもそもカスタマーサービスが設置されていなかったり、アカウント復旧の対応は問い合わせ不可だったりするので、それこそ泣き寝入りに。

 

というわけで、今回はそうならないための方法をご紹介。

 

まずは二段階認証設定画面にて。下記はZaifの場合。

f:id:yotsumao:20171220183501p:plain

このような画面の時、まずするべきことは、、

 

それは、そもそもQRコードを丸ごと画像保存しておけばいいってこと。

それかもしくは、たいていQRコードと同じ画面内に、手動入力用の英数字の羅列が表示されているので、それをコピペしておく。

 

いずれかの方法で画像か英数字を取っておけば、万が一スマホやアプリにトラブルが生じたときも、再びアプリのアカウント追加で、QRコードをスキャンもしくは英数字を入力すれば復旧可能。

 

ちなみに他の対応アプリには、最初からこんなことを見越してバックアップ機能が付いているものも存在するんだけど、Googleアプリはその機能はなし。

なので、二段階認証を設定する際には、必ず忘れず上記のことをやっておこう。

 

そうそう、例えばZaifの場合だと、うっかりさん達のために最初から専用の復旧コードが用意されている。

f:id:yotsumao:20171220184734p:plain

バックアップコードの発行から閲覧可能だけど、これも事前に保存しておかないと勿論事後ではアクセスできなくなるので注意。

 

さて、あとはイレギュラーなやり方だけど、スマホを二台持ちにして、複数台の二段階認証アプリで同一のQRコードを読み込んで、設定しておいたり。

 

まーそれ以外の方法としては、超非推奨だけど、そもそも二段階認証を使わないとかメール認証にするとか。

 

いずれにしろ、せっかくの大切な仮想通貨。

公式には必ずしもこのようなアナウンスはしてくれないので、各自しっかり管理するためにも自分自身できちんと対策を取りましょー。

 

それではよい仮想通貨ライフを!