脱SEして文筆家になった人

過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】つくし御当地WEB検定を取得した【資格マニアの試験勉強法】

つくし御当地WEB検定、ってことで無料でネットから受けられるご当地検定。

完全に民間資格だけど、一応性質上、当サイトでは公的資格にカテゴライズ。

 

さて、主催の一般社団法人つくし青年会議所よると、

 

「筑紫地区4市1町(筑紫野市・春日市・大野城市・太宰府市・那珂川町)の特色ある歴史・文化・自然・地名・観光・暮らしなどについての検定」だそうな。

 

うーん、名前からあの野草の「つくし」に関することかと思ったら、地区の名前だったのね。

 

意外と何年も前からある検定みたいなんだけど、更新自体は2011年で止まってるのかな。

平成24年までは合格特典のプレゼントがもらえたそうな。

 

問題数は全50問。結構ボリュームあるよね。4肢択一式で制限時間は30分で、試験画面でタイマーが動く。

35問以上から合格。正答数で3級、2級、1級に分かれる様子。

 

全くの無知なので、さっそくロケハンついでにチャレンジ。

む、むずかしい。。っていうか知ってるか知らないかの問題ばかりなので、予備知識がないと合格すら難しそう。

 

ポチポチ解答を終えると、、等級なし!要は不合格ww まぁ一発目はこんなもんよね。

親切にもきちんと解答が表示されるので、しっかり覚えて再チャレンジ。無料検定のいいところね。

 

てなわけで、リベンジの二回目。ほとんど同じような問題なので、サクサク進めていくと、、見事1級合格、全問正解!

 

合格後は合格証がダウンロード可能。登録済みのメールアドレス宛にも同様の添付ファイルが届く。

 

f:id:yotsumao:20180102142001p:plain

 おー、これだよこれ。きちんとした紙にこれを印刷したら結構いい感じの賞状になりそうだよね。

 

無料検定とはいえ、やっぱり受検・合格の暁には何かしら欲しいもの。その資格マニア心をくすぐる実にいい出来の合格証。

 

いやー、しかしご当地検定にしてはかなり難易度高めかもしれない。まず一発合格は厳しいんじゃないかな、地元の人を除いて。

でも少し筑紫地区に関して詳しくなった気がする。でもきっとあっという間にその知識は忘却の空へと飛び立っていくんだけどねw

 

筑紫に限らず、福岡や歴史に興味ある方は満足できる内容だと思うので、ぜひどうぞ。

 

◎まとめ
【勉強期間】基礎知識次第ですぐに。
【教材】ぐぐれ。
【受験料】無料。
【合格基準】35/50問