脱SEして文筆家になった人

過去ログ。twitter共に不定期更新。

【合格体験記】「横浜のおいしい水」検定を取得した【資格マニアの試験勉強法】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年もやってまいりましたこの季節。横浜のおいしい水検定。

横浜市水道局が主催していて、その名の通り、横浜の水や水道に関する知識がためされるもの。

 

3級に関しては郵送受験が可能。ただし実施期間が毎年5月から7月という期間限定。

 

問題数は30問。3肢択一式。

 

PDFをダウンロードしていざ試験開始ーー、、ってむ、難しいやんけ。

出題範囲は水道局のパンフレットから出題されるってことなんで、そちらもDLしてまずは予習。

 

まー選択問題なのでわりと基礎知識だけで解けるものもあれば、場所とか歴史とかは知っていないと絶対分からない。

 

というわけで公式サイトやグーグル先生にも活躍してもらいつつ、ひたすら暗記。

 

ってことで再度30問に挑戦。

さくさくっと解答を終えて、あとはこの解答用紙を郵送するだけ。

 

んで後日。封書到着。

f:id:yotsumao:20180812211346j:plain

無事30問中30問正解で、満点合格!

 

そしておまちかねの認定証。

f:id:yotsumao:20180812211536j:plain

f:id:yotsumao:20180812211600j:plain

簡素だけど、必要十分レベル。

 

受付番号とかを見る限り、やっぱり毎年けっこう受検者が多く集まる人気資格なのかなーって感じ。

 

ちなみに上位級の2級は現地の会場受験になるのだけど、、うーん横浜ってあまり行く機会無いし、興味はあるけどいまのところ保留かなぁ。

 

でもでもご当地検定としては、知名度も内容も比較的しっかりしてるものだと思うのでおすすめ。

なおいつも通り、当ブログでは公的資格としてラベリング。

 

◎まとめ
【勉強期間】基礎知識次第ですぐに。
【教材】公式一択。ぐぐれ。
【受験料】無料。
【合格基準】7割正答。