Google Search Console「一般的ではないダウンロード」の対処法


記事のタイトルとURLをコピーする



Webサイト運営者やブロガー必須のGoogle謹製ツールのサーチコンソール。

ある日、ふと昔作ったまま放置しているサイトのプロパティを覗いてみたところ、見慣れない警告表示が。

 

「健全性に重大な問題が発見されました」「有害なコンテンツが検出されました」、、

おいおい、一体何が起こってるんや?w

サイトがハッキングで致命的なマルウェアでも仕込まれたんか!?というか乗っ取られる価値もないくらい過疎サイトなんやがww

 

その「一般的ではないダウンロード」の警告はこんなの。

f:id:yotsumao:20181209133312j:plain

記載を読む限りこれを放置していると、「サイト訪問者やファイルをダウンロードしようとしたユーザーに対して警告が表示」されてしまうそうな。

 

いくらアクセスが少ないサイトでもそれはまずいよなぁ。。ってことで検証開始。

 

解決に向けてやってみたこと

まずはそもそもサイトが改ざんがされていないか確かめてみた。

FTPでWebサーバにログインしてファイルが更新されていないかタイムスタンプをチェック。すると放置しはじめた以前の日付のまま。。

まぁこれはこれで管理者としてはよくないけどねw

 

なおサイトはワードプレスではなく、ごくごく普通のHTML、CSS、JavaScriptで構成されているもの。なので当然プラグイン等を第三者が勝手に追加できるわけもなく、怪しげなファイルがアップされている様子もない。

 

次に、一度にたくさんのベンダーエンジンでウイルススキャンできる「VirusTotal」を使ってみる。

このサービスではファイルをアップロードしてスキャンできる他に、URLを入力してそのサイト自体の安全性もチェックできる機能がある。

ちなみにさりげなくGoogleさんの傘下だったりする。てことで早速URLスキャンしてみても、結果はAll Clean。

 

うーむ。ということで最後は一応目視でサイトをチェックするべく、おそるおそるアクセスしてみる。

当然見た目は特に変わっているはずもなく、ではそもそも一般的ではないダウンロードって一体なんなんやろ?と考えてみたところ、、

 

ファイルを直リンクしていた

そう、唯一「ダウンロード」があるとすれば、PDFをダウンロードできるように直リンクしている部分があった!

いやー、しかしこれGoogleドライブにおいているごく普通のファイルなんだけどなぁ。

 

でもググってみると、どうやら「ファイルをダウンロード」みたいに記載したボタンを置かずに直リンクでダウンロードできるようにしていると「一般的ではないダウンロード」と判断されることもある様子。

 

ということで原因がなんとなくわかったので、サーチコンソールに戻って「これらの問題を修正しました」にチェックし、「再審査リクエスト」ボタンを押してみる。

すると「どのように対処されたか」ということで、なにやら一言かかないといけないらしい。

ていうか対処も何も、ただの無害なPDFファイルへの直リンクなわけで、なにも修正しておらんぞ。。

 

この時は外出先だったこともあり、ちょっとまた時間ある時にでも一言かいて再審査しようと思い、一旦放置。

すると、、

 

半日後に勝手に警告が消えた!

なんでやねん!ww 不可解すぎるww

てことでこれまたググってみると、「Google セーフ ブラウジングによってバイナリが無害であることが確認されると、警告は自動的に解除されて表示されなくなります。」とのこと。

 

要は問題ないファイルってことがわかったってことね。まぁこれで一安心ってことか。

 

うーむ、しかしユーザー視点で考えたら、確かにダウンロードを明示せずに、いきなり直リンクされてるファイルがダウンロードされるってリスクだもんねぇ。

つまりこちらがユーザビリティを優先したサイト作りを怠っていたからであって、決してGoogleさんの誤判定だった、とは言い切れないわけだ。

 

とはいえネット上では結局いわゆる「誤判定」だったという情報は散見されるので、プロパティに警告が表示されてもまずは落ち着いて対応していこう。

まぁでもいきなり見慣れない警告が来ると結構あせるのは事実だけどねw

 

上へ戻る