【合格体験記】ヨガ検定を取得した【資格マニアの試験勉強法】


記事のタイトルとURLをコピーする



YOGA検定。その名の通り、ヨガに関する知識が問われる資格。一般社団法人全日本ヨガ連盟の主催のもの。

 

ヨガと言えば昔から根強い人気があるけれど、昨今では女性のホットヨガをはじめとして、わりとフィットネス分野の一つとして確立しつつあるね。

 

ちなみにヨガの資格で有名どころと言えば先日、片岡鶴太郎氏も認定を受けたプロフェッショナルヨガ検定があるね。

これはインドの政府団体が認定しているけれど、全日本ヨガ連盟はその検定実施を認められているそうな。

 

さて、そんなこんなで今回は5級と4級に関して、無料のオンライン受験ができるってことでチャレンジ。

 

なんか団体のホームページとか検定のサイトとか実は複数分かれていて、微妙に閲覧するページによって情報が違ったり更新もされていない箇所もあったりと、

最初は一体どこで受検できるのが微妙に迷ってしまったのは内緒だw

 

実際の検定画面はこんな感じの作り。

f:id:yotsumao:20181210045554p:plain

クイズジェネレーターで作られてるやんけ!っていうツッコミしそうになったが、わりと商用無料で使える優秀なWEBサービスだもんね。

 

ということで、ボタンをポチっとしていざ試験開始ーー

ふむふむ、、まぁネット検定でよくあるタイプの知っているか知っていないか、で合否が大きく分かれる知識問題っすな。

 

例えば知っておきたいのは、ヨガに関する用語とかポーズの名称とかね、この辺は暗記あるのみ。

 

ぱっと見の印象はヨガに関する常識問題レベル。とはいっても私はさりげなくヨガ、ひいてはインド仏教とか神話とかその辺り元々興味があるので、身近って部分もあるw

 

三肢択一式で、5級は全8問、4級は全25問の構成。試験時間は制限が無く、もちろん何回でも再チャレンジおk。

 

無事合格すると、認定証の発行画面へのリンクが出る。そしてリンクへ飛ぶと。

f:id:yotsumao:20181210050801p:plain

あ、検定サイトに戻ってきたね。というわけで、さらにボタンを押して発行画面に遷移。

 

 

すると入力フォームが登場。

f:id:yotsumao:20181210051115p:plain

ここにすべて正しく入力しつつ、送信。

 

するとすぐに自動返信メールが届いて、「合格認定証書はPDFデータにて送付」とのこと。そして1ヶ月~2ヶ月ほど待つ場合もあるとのこと。

 

って入力データをPDFにして送信するだけで、いまどき1か月、とな。。?

まぁ色々あるんやろか。しかたない、これは待つべし。

 

というわけで、4級も続けてさくさく進めて、同様の流れで認定証の発行申請終了。

5級よりは問題数が多いことに加え、若干歯ごたえのある問題だったかな。

 

さて合格証はどんなデザインなのか気になるところだねぇ。やっぱ1か月は長いぜw

ちなみに有料で上位級の3、2、1級もあるようだけど、現在実施はされているのかなぁ?

むしろ今はプロフェッショナルヨガ検定に注力しているのかもしれないね。

 

いやーしかしこのヨガ検定、内容としては変わり種の部類に入るわけで、久々に楽しめた感じがするね。

もちろんこれを取得したことで、何ができるってわけでもないけれど、ほんの最初の第一歩として、知識入門の力試しには最適じゃないかな。

 

無料検定は知名度向上とか広告的意味合い強いわけで、門戸はできるだけ広く、ってのはネット検定においては大事なことだからね。

てなわけで、ちょっとでもヨガに興味ある方にはおすすめできる資格だよ。

 

◎まとめ
【勉強期間】予備知識次第ですぐに。
【教材】ネットの情報をぐぐれ。
【受験料】無料
【合格基準】5級は7/8問、4級は20/25問

 

上へ戻る